渋柿を食べればいい。

11/02 ど晴れ 22℃

このスクーターもどきは、                                            フォガティペトロナスモーターサイクルの                                ジョンパイパーJ1というらしいです                                       KTM690ccのエンジンを積んだもどきです                          ギヤ車でチェーン駆動です。よし買うか                                 ¥450万円+KTM690                                    残念ながらもうないそうです。

安全靴を新調しましたが                                                 欲しかった、この旧タイプが                                    そろそろお安くなっているのでは?                                         と思いきや、やっと見つけたら                                                      新型より高くなっていました!                                                      暫くはバイク用にでもと。

DSC_0046

渋柿を10月27日にポリ袋に入れて6日目                                                    食してみます                                                   保存時は硬かったのに                                                         かなり柔らかくなっていた                                                    皮が手で剥ける、違う果物のよう                                            お味は?おお~そこそこ甘い!いけるかも、                                            ただ気のせい?食後何か舌の奥が                                 ずーとすっぱいというか                                             唾液が出続けているような気がする。

保護猫さくら脱走

10/26 晴れ18℃ 朝9℃

お腹が空くと戻ってくる。                            ふてぶてしい野良っぽい顔になってきた。            

最近、クラッチを握ると親指の付け根が痛む                    ビンテージスクーターが気になる今日この頃                     画像はアメリカの古き良き時代のスクーター                     日本のラビットとかビジョンのお手本だったんだね。

飼い猫が猛毒百合の葉っぱ食べた!

先日、葉っぱが大好きなふくぼうが                          百合の葉らしきものを口に入れた❕

アルストロメリア

ふくぼーちゃん

百合は猫に猛毒で腎臓をやられ                              数日で死に至る                                              助かっても長生き出来ないらしい                                                                        お昼時で休診時間だが、                                電話して、急いで病院に                                吐き戻し薬を注射1本入れる                                                先生いわく、通常5分程でゲロるらしい                                          待つこと5分、一向に気配なし                                                     早く吐いてくれー                                                           吐くのを我慢してるらしい                                                                  緊張した面持ちで先生がもう一本入れましょうと待つこと5分                                    まだ我慢してる。                                                          どうしよう死んじゃうよー                                                       あとは胃の洗浄をやるしかないらしい                                                                    体の負担が凄いらしいので最終手段と。                                                   取敢えず家に帰ることに                                             それでも2本打つと帰りの車中で                                             たいがいゲロるらしい                                              先生がもし家に戻っても吐かないようなら                                                 直ぐにつれてくるようにと                                                       毒を薄める為に点滴を皮下注射してもらい                                              帰る事に                                                                           あ~そういえばkeis-rouxと妹が                                                     爪も切ってもらってーと                                                 能天気な事を言ってたが                                                          こんな生き死にがかかって                                                                   ピリピリしてる現場で                                                          とても言える雰囲気じゃない                                                       でも頼まれたからな~と                                                          恐る恐る爪を切って・・・まで言ったら                                                                   先生に険しい顔で「それどころじゃない‼」                                                                                  とおっちゃんは怒られました。                                                       怒られたのなんて何十年ぶりだろ?                                                               しかも数十歳は年下の先生に                                                                       もう能天気組の寝言は                                                                    二度と真に受けないと硬く誓いました。                                                 我慢強い子で戻っても吐かず                                             普通にしていたので                                                   あれ?とWebで検索しまくったら                                                              アルストロメリアはユリ科でも                                                   球根以外は毒性がなく、                                                          ちょっとかじった位では                                                              問題ないと分かりました                                                                  ふくぼーごめんよー                                                           美味しい餌てんこ盛りするからゆるしてね~

ネイキッドの車検

9/28 晴れ 27℃ 

先月はハイラックスの車検で                            今月はネイキッドの車検                                keis-rouxが約20年前に                               新車で買った愛車だ                               ほとんど、おっちゃんが使ってる                           画像はロアアームのブーツ交換中                                街中でもまだ見かける                                        車検場でも2台発見                                                  さすがグッドデザイン賞か                                           検査場の検査機器や、                                                             やり方が若干変更されてて戸惑ったので                                           ど素人のふりをする、                                                          扱いが親切丁寧になった気がする 

                                                 

保護猫のさくら坊 

8/31 晴れ 32℃ 寝不足

爆睡中に起こされて仏頂面

この仏頂面は名前をさくらと言います。                                                 8月初旬に保護しました。                                            人間大好きな、大食いな雌猫です。

庭の祠でたまにまったりしてました。

寝ている時以外は夜中から朝方まで吠えてます。                               うるさいです。                                                                今、静かな猫にするべく、                                                 猫用ヒーリング音楽をかけ続けて寝かしてます。                                         今日は安眠できるのでしょうか?                                                            

数か月前、夜になると裏の勝手口に気配が、                                                          怖いの写ってたらどうしよう                                                                                                       簡易防犯カメラ(古い普通の一眼レフ)                                  を設置して翌日確認すると                                                  あれま!こんなにも来訪してたのかと・・・                            取敢えず抜粋で何枚か上げ。                                                                                                    

この子は近所のオコエちゃんかな?
これなんて猫すかね?

そういえば、家人が狸だかアライグマが庭にいたと                                狸かな~?

CBR750純正~社外エアエレメント販売終了、代替品の件

8/30 曇り 27℃ 蒸し暑い                              CBR750のエアエレメントについて                            既に販売終了ですが、                           CBR1000FやCB1000SFのエレメントを                        流用する場合は、                                片側の塞がっている方を                                穴開け加工しないで、                               750用を再利用した方が                              鉄粉の心配をしないですみます。                          バーナーとかで熱っして                                                   バコっと外すのですが、                                      表面が変色しない程度で十分です。                                    やり過ぎると燃えるので注意してください。 

左が750 右が1000
こんな感じ

CBR750ハリケーン完成しました

7/26 雨/曇り 27℃ 梅雨戻り

何故か、おじさんに大人気。                           ころっとしたフォルムが                               萌えるとか。                                

                                                                           

XJR1200 のZ2タイプサイドカバー

6/28 快晴 31℃も結構熱い                           エアコン壊れる

梅雨前に正常運転をしていた                             エアコンが、暑さのせいか逝く。                               高温で壊れたんすかね。                              家のエアコン郡は自爆装置付き                           保証書説明どうり10年くらいで                           壊れるとか素敵すぎ。

                                                                                    まずは前側をカットしてみる。                           ノコギリでギコギコと                                 古いカバーは、                                  バンドソーとか割れる恐れが。                          ↓↓                             

カバー下側の三角部がスーパーフォアのようだ

下側をカットするとちょうど良い感じ。                             ↓↓

前側を塞いでフレームに引っ掛けるステーを付けて完成

こんな感じになりました。                             純正のエンブレムでは、                              なんか、でかいので無し。

                                        簡単な作業なので                                 自分で作る場合でも、                               前側をカットしたままでは、                            開いた隙間がカッコ悪いので                            塞いだ方がよいですね。                              高性能のプラスチック用接着剤や                         塗装に強い紫外線硬化レジンが                            あるので超ラクチン。                        

YR-1 1967式 ほぼ完成

5/22 晴れ 24℃ ウクライナ 

やっとこさでここまで進みました。                         なんかタイヤ細いなーと?                            もしかしてと物置を漁ってみれば、                        レストアした純正ホイールが!                           長期保管過ぎて忘れていた                             ずうーっとSRのホイールだと                             思い込んでいた。                                 細めのスペアがもう1セット出来た                         一生使わないな。

今回のエンブレムは                                アルミ板ベースに                                 カッテイングシートを貼り、                            前回R5で失敗こいたウレタンの                           ポッテイングはやめて、                               透明樹脂を紫外線硬化レジンで                           貼り付けました。                                 ただレジンが硬化しても、                             後からタンクの形状に曲げると                          エアが侵入します。                                 先にタンクの形状に合わせて                              曲げておくのが良いですね。

当時のスポーツハンドル?                             もらったパーツセットに入っていた                         変な形状のハンドル。                               低いのに幅広。旧車に良く似合うかな。

硬くなったゴムを柔らかくしてみる

2022.年4月27日 曇る 24℃ 

楽しみだったCBRの                                エンジンをばらしてみれば                           解体かレストアか悩むほど。一句                         

まあ、取敢えずレストアの方向で                         でも、当時のグッドデザイン賞なのに                        総生産台数約1,800台で打ち切りとはね。                              日本限定で輸出は正式には無かったらしい?                    ただ、世界限定だと約1,800台ですよ。                                台数だけは、RC30の4885台より希少かも。                                             なので、当然中古部品の流通もほぼ無く、                     レストアはかなり難航しそうな予感。                                 

おっちゃんはこの手の外見より、                         実は中身はスゴイ的なバイクが大好物なのと                             海外の零戦レストア記や不動車を                         レストアするよなテレビ番組が大好きで、                             

零戦レストアなんかは7~80年前に                          ジャングルや海に不時着した機体を                        ただ地道に直してる地味な番組だけど。                                                                                

先日、低距離走行の格安エンジンが、                       きました。が!                                  説明で圧縮圧14kg/㎤って、                          新車より数値高いじゃんと、                            いぶかしく思っていたら,                              シリンダーの錆削って圧が爆上がりでした。                              しかも状態は、海に沈んだ零戦か、                        ジャングルの沼に落ちた零銭の差しかなく                     どちらの程度がいいのかすら分かりせん。 

使ったのは上画像の乾燥沼草入りブロック。                           社外のピストンでも売ってれば、                          ボーリングしてサックと終わらす。                          何もないので自力でホーニングする                       

この下の工具で削ります。                             単気筒なら砥石を頻繁に交換すれば、                        ワンサイズアップ位なら                              1ピストンいけるかもです。                             4気筒は全くやるきが起きませんが。

コツは、削り過ぎ防止の為に                            穴の大きさや状態によって                                3本の脚を針金とかで縛り                               開きを加減しながら                                徐々に広げて削っていくと良いです。                

多少の深い縦傷でも                                それほど気にしなくても影響ないです、                        まずいのは綺麗に削りするとヤバイです                       白煙モクモクします。                                                                                                                          

次、インシュレーターやゴムホースの硬化。                    ゴムとは名ばかり、硬質プラスチック製?                     と思うほど硬い。                  

当然、新品や中古も無く、                                                                                                                               自作ゴム柔らか溶液に浸してみることに

                                         昔1度シンナーにそのまま入れて取り忘れ、                      倍ぐらいの大きさになって                              みんなで大笑いしたのを思い出しました。                            

ネットで下調べて                                   何種類か試したところ                                ①簡単なので2サイクルオイルに浸す。                           これは1週間漬け込んでも変化無し。                        ② 2ストオイル2に灯油1。これもほぼ変化無し。                  ③ 2ストオイル2にアセトン1。                         これは1日で柔らかくなったけど膨張してました。                  (ただ、数日放置していたらやや小さくなりました)                   ④ 2ストオイル2、灯油2、アセトン1                       これは結構いいようです。                             ゴムの厚さ大きさでアセトンの量を調整するのが吉です。

                     

  浸す前、全力で握った状態 ↓

全力で握った状態かった~い

   2日間浸し軽く握った状態 ↓                 

軽く握った状態おお~やっこい

膨張もそれほどではなく、                             柔らかさも適度で割れも発生せず良い感じ。                      たぶん暫くすると若干硬くなりそうなので                      暫く放置で様子見。

インシュレーター、弾力のある柔らかさ

これが一番重要なインシュレーター。                        昔ながらのゆでる方法も有りますが、                        冷えると硬くなるので                               夏とかしか使えないかな。

次はキャブとブロック                              これもまた沼から引き揚げた感じの                          難関パーツ、続く                                 YR1は次回。