YR-1 1967式 ほぼ完成

5/22 晴れ 24℃ ウクライナ 

やっとこさでここまで進みました。                         完成時になんかタイヤが細いなーと思っていたら、                 もしかしてと物置を漁ってみれば、                        レストアしたオリジナルホイールがあるじゃありませんか。             長期保管過ぎて忘れていて、ずうーっとSRのホイールだと思い込んでいました。          細めのスペアがもう1セット出来たけど一生使わないな。

今回のエンブレムはアルミ板ベースにカッテイングシートを貼り、           前回R5で失敗こいたウレタンのポッテイングはやめて、                     透明樹脂を紫外線硬化レジンで貼り付けました。                  ただレジンが硬化しても、後からタンクの形状に曲げるとエアが侵入します。         先にタンクの形状に合わせて曲げておくのが良いですね。

当時のスポーツハンドル?パーツセットに入っていた変な形状のハンドル。       低いのに幅広。旧車に良く似合うかな。

硬くなったゴムを柔らかくしてみる

2022.年4月27日 曇る 24℃ 

楽しみにしていたマイCBRのエンジンをばらしてみれば、                解体かレストアか悩むほど状態悪しですね。                        まあ、いつものこと取敢えずレストアの方向で                     しかし当時のグッドデザイン賞なのに                        総生産台数約1,800台で打ち切りとはね。                              おまけに日本限定で輸出は正式には無かったらしいです。 ただ、世界で考えればなんと世界限定約1,800台ですよ。                                台数だけは、あのRC30の4885台より少ないのではないかと。                                             なので、当然中古部品の流通もほぼ無くレストアはかなり難航しそうな予感。                                 おっちゃんはこの手の外見より実は中身はスゴイ的なバイクが大好物なのと                             海外のネットの零戦レストア記や不動車をレストアカスタムするような        テレビ番組が大好きで、零戦レストア記なんかは7~80年前に                 ジャングルや海に不時着した機体をレストアするんだけど              ただただすごいなあと。でも実際は見るのとやるのでは大違いで                     初心者さんとかが途中で挫折する場合も多いけどしょうがないよね。大変すぎるもの。                                 先日、ネットに出ていた低距離走行の格安エンジンが手元にきました。が!                       販売説明で圧縮圧14kg/㎤って、あんた新車より数値高いじゃんと              いぶかしく思っていたら案の定                           シリンダーの錆削って圧が爆上がってました。                              しかも状態は、海に沈んだ零戦か、                           ジャングルの沼に落ちた零銭程度の差しかなく                     どちらの程度がいいのかすら分かりせん。 

使ったのは上画像の乾燥沼汁入りブロック。                           社外のピストンでも売ってればボーリングしてサックと終わらすところですが                           何もないので自力でホーニングして再生するしかないです。                       この下の工具で削ります。                             単気筒なら砥石を頻繁に交換すれば、ワンサイズアップ位ならピストンいけるかもです。  4気筒は全くやるきが起きませんが。

コツは、削り過ぎ防止の為に                            穴の大きさや状態によって3本の脚を針金とかで縛り                 開きを加減しながら徐々に広げて削っていくと良いです。               多少の深い縦傷でもはそれほど気にしなくても影響ないです、                 まずいのは綺麗に削りすぎてクリアランスが過大になってときです。           白煙モクモクします。                                                                                                                          

次の課題は、インシュレーターやゴムホース類の硬化。                   ゴムとは名ばかりで硬質プラスチック製?と思うほど硬く                  当然、新品や中古も無く、ならば柔らかくしてみるかということで                                                                                                    自作ゴム柔らか溶液に浸してみることにしました。                     過去に一度シンナーにそのまま入れて取り忘れ、                      倍ぐらいの大きさになって大笑いしたのを思い出しました。                            念の為、ネットで下調べしたら色々なやり方があって                 何種類か試したところ                                ①簡単なので2サイクルオイルに浸す。これは1週間漬け込んでも変化無し。        ② 2ストオイル2に灯油1。これもほぼ変化無し。                  ③ 2ストオイル2にアセトン1。これは1日で柔らかくなったけど膨張してました。             (ただ、数日放置していたらやや小さくなりました)                   ④ 2ストオイル2、灯油2、アセトン1 これは結構いいようです。          ゴムの厚さ大きさでアセトンの量を調整するのがよさそうです。

                     

  浸す前、全力で握った状態 ↓

全力で握った状態かった~い

   2日間浸し軽く握った状態 ↓                 

軽く握った状態おお~やっこい

膨張もそれほどではなく、柔らかさも適度で割れも発生せず良い感じ。         たぶん暫くすると若干硬くなりそうなので暫く放置で様子見。

インシュレーター、弾力のある柔らかさ

これが一番重要なインシュレーター。                        昔ながらのゆでる方法も有りますが、冷えると硬くなるので夏とかしか使えないかな。

次はキャブとブロック これもまた沼から引き揚げた感じの難関パーツ、続く     YR1は次回。

海外産も日本産も寿命はあるかな。

3/23 晴れのち曇り 10℃ 前日東京雪 ウクライナ                 この破壊したピストンは、2ストリード50(1999年式)で走行48.000km、      走行中にブローしたらしい。                           よく走ったほうだな。あれ?よくみればピストンリングTopが無くなってる!      どこいったのかな?多分砕けてマフラーから出て行ったみたいな・・・         そういえば3か月前に点検したときに、なんかすごくかかりが悪かったので           まだ乗るなら要OHをお勧めしたのだけれど、                    オーナー的には、毎日乗ってると不調にも慣れてしまうみたいで、          始動するしそこそこ走るのでこのままで良いとのご返事。                やっぱり逝ってしまいました。

                                         この前に健康診断を受けたら、老体のあちこちが劣化していてポンコツ化していた。   人間はなんせ部品交換できないので気を付けるしかないのが鬱陶しい。        やっぱり逝ってしまいましたでは笑えない。                         

CBR750スーパーエアロ ハリケーンはもうりっぱな旧車

2/19 雨 8℃ まだコロナ 冬季北京オリンピック

あ~あ買っちまいました。87年式の初期型エアロ。                 おっさんになったせいか以前より何となく気になっていて、             でも探すと中々無いな~ともう何年もうすらぼんやり探していたら          ある日突然偶然発見し買いました。                        CBRはデビューした87年にグッドデザイン賞を受賞したらしいですが、        当時は外観は全く興味が湧かなかったです。                    いや、若かったせいか変な形と思っていました。                  売りのカムギヤトレインが無ければ全く興味が湧きません。             なので外観がクリソツなCBR1000Fはパワーはあったけど              興味は全く湧きませんでした。                          しかし思えば不憫なバイクでしたね。                       当初はRC30の直4版でデビューするはずが、                    営業会議とかでツアラーに変更されたとか。                    なのでこんな外観でも脱いだらすごいみたいな                   古いCMじゃないですけど中身はアスリートらしいです。               当時は出力自主規制ということで各社とも77PSで                  CBRも公表値9,500回転で77PSでした。                      でもタコメーターを見みるとレッドゾーンが12,000rpmとなってます・・・      海外の資料だと10,500回転で105PSあるらしいですよ。                 最高速も輸出仕様のメーター読みで250㎞/h位はでるらしいです。             けっこうざっぱ申告可の時代だったんでしょうかね?                 まあ同時代のGSXR750やFZ750も馬力も最高速も同じくらいでしたけど。        でも当時はどのバイクも個性的でしたね。                     FZはスポーツツアラーみたいなかっこなのに、                    5バルブは高回転までメッチャ回ってパワーがあって良く曲がるバイクでした       GSXRはレーサーぽいのに高速は不安定で、                     寝たら起きないなんじゃこりゃなバイクでした。                     たーへーなおっちゃんが箱根ですっころんだバイクでした。                     しっかしCBRの正確無比なカムギヤ式は                      インジェクションとかと相性が良さそうだけど、                  気まま放出のキャブとの組み合わせはどうなんでしょうね?                     今キャブ車をインジェクション化するのがありますけど、              環境問題は別としてキャブのざっぱ感というかあの豪快感が忘れられないのは                                 じじいの世代ギャップですかね~                         グレタちゃんに怒られますね。さみしいですね。                         とりあえず現在不動なのでガソリン終了になる前にぼちぼちレストアしますかね~               当時乗り損ねたバイクだけにFZとGSXRと比較したくて辛抱たまらんですよん。

DCP PHOTO

2022年1月 やっと調子が戻ってきたような

9℃ 晴れ 暖かい オミクロン いやーあけました。               🎍お正月は長めに休んで残っている作業をまったりペースで進めていました。     去年の10月ごろに収穫したお米1袋30kgを10数袋を冷蔵庫に入れる          という作業があったんだけど人力で運んでたら、                  その晩に人生で初めて背中の筋肉が硬直するというのを体験し、           それでも次の日に治ったかな?                          と思っていたら、今度は1ヶ月後に左膝関節と左股関節、腰椎が痛くなって、          それでも仕事が残っていたのでヒーヒー言いながら                 なんとか正月休みまでもたせれば・・・と思っていたら、              そういう時に限って追加で仕事が発生するんですね。                でもありがたいことですねー(´;ω;`)ウッ…                     

パリダカ真っ最中で画像が随分アップされてるんですが、いやーロマンですね、カッコイイですね。走ってみたいです。たぶんすぐ転ぶと思いますが<(`^´)>

鳥取砂丘ではない!

やっぱCRF1100ぽっしいな~ 250でもいいかな。今オフ車も絶滅危惧種で選べないし高くなってきたし困ったもんだな~。

V-max Vブーストコントロールユニット修理

Vブーストが始動時や走行中に勝手気ままに開閉する病気になっちっまたんすよ。        カットして直キャブ仕様で乗っててこれも面白かったけどね~             最近中古のユニットが価格が上昇してて買うのもな~ということで                    電子基板系は全く苦手だけど、がんばってみましょうかね。              なーんとなくそれらしいICがあるので調べるとPU4320というICらしく、         海外のVmax乗りはこれを交換しているらしいのです、どうなんすかね?        まあ、試しに交換してみるかということで検索すると中華とUSAにしかなく、     中華アリババは購入単位が1個だとかなりお高く約6千円。              でも100だか1000個単位でかなりお安くなるらしい。               ebayだと1個$22で個数割引もあったので何となく3個取寄せました。              ただ、1個$22でも航空運賃や手数料とかで1個4,500円になりました。           在庫200個となっていましたが、どうせつりだろうと思っていたら              購入後に見たら197個になっていました。                      しかし、思うにこの古いICはもう販売終了していて需要も無いのですが、          実は日本の電子パーツ屋さんの倉庫にデッドストックで大量に埋もれていたりして。                                      この記事が目にとまって格安で放出してもらえれば大変ありがたいですね。         なので皆様ブーストコントローラーは壊れても捨てないでヤフオクとかメルカリに出品してください。部品取りや修理用に喜ばれます。特にワタクシが喜びます。           海外の1200Vmax乗りも探していました。                      ただ、これ以外の故障もあると思われるのでまあ修理はダメ元気分でね。             壊れているコントローラーはもう一個あって仮挿入してテストしてもこちらは完全に死んでました。                                   この手の古いのは、あちこちの劣化でいつも原因が他もあってすんなりは直らないんですけどね。冬の内職にちょうどいいすね。                            2個余ったのでヤフオクにでもだしてみるすかね。                       

ebay様より画像拝借 購入品はjapanマークが入っていました。中華アリババはpanマークでした。バッタもんかと思ったらパンという中華の会社製のようです。

ドライバーなどを突っ込んでめくる、接着されていないのですぐ剥がれます。

カッター等で基盤を傷つけないように慎重に。切込位置は板の真ん中から刃を斜め上に向けて割いていくとよろしいかと。ホットナイフがあれば超らくちん。

ある程度開いたら手でメリメリと引きはがせます。所々に裏と表をつないでいるシリコン穴があるのでそれをカットします。(しなくても力技で引き千切れますが)ドライヤー等で暖めれば(ぬるめで十分)やりやすいです。また切り込みにパーツクリーナーを注入するとさらに剥がれやすくなります。

PU4320が手前のチップとくっ付いているのでホットナイフで割っておきます。接着部はかなり硬いのでカッターでやる際は刃を焼いて熱くすると楽かもです。

裏側から吸い取り線をあてて吸い取ります。あっちち、短く持ちすぎて火傷した。吸い取り器用意しておけばよかったかな。

抜く時に、残っているハンダでちょっと硬い時がある場合は、ドライバーみたいな棒を突っ込んで上に持ち上げます。それでも抜けない時は、まだハンダが取り切れていないのでもう一度吸い取ります。

あとは、はんだ付け面をきれいにしてからハンダ付けすれば完成です。シール方法は再度剥がす予定がある場合はシリコンスプレー等を塗布してからシール剤を充填するとよろしいのではないかと。PU4320の耐熱温度等の仕様説明書は、純正はパナソニック製なのでwebで検索すれば見られます。                           交換後テストすると正常動作はするのですが                       試しに電源ONで動作後のウイーン、ウイーンが終了したあとに配線を押さえつけてみるとウイーンと作動した。マジか。                         それらしい配線をハンダ付けし直し、再テストすると配線はOKみたいだ。          念の為、今度は基盤を手でしならせるとまたウイーンとなりました。ママジかよ!       まだどこか基盤やパーツに微細なクラックが入っているらしい。            みつけるのが大変・・・いや楽しみです。

古バイクがたあか~い

2021/10/27 曇り 20℃ やや寒 コロナ滅

昨日、PCのうるさかった冷却ファンを交換したんすよ。                静音になったかな~って、電源オーン!ピー音1秒でシャットダウン、あれ?         でもまだちょいドキくらい。おんや?平電池の寿命だなと交換。                         再度電源オーン!ピーピーピープー ちょっとよくなったな、じゃなくてだめじゃん!   起動しないじゃん。これはやばい。スマホで症状を検索しながら                        いまPC幾らすんのかな?とか修理だすかとかデーターの取り出しはどうするとかが、          頭の中をグルグル回っているところに、飼い猫に餌くれ~と足に噛みつかれ、     遊べ―と腕に噛みつかれ引っ掻かれ、もう午後の仕事がおっくになるくらい疲れた日でした。

最近ビンテージバイクというか、ちょっと古バイクまでお高くなってきているので                 手持ちのポン・・いや、古在庫を急ピッチで仕上げているのですが、         ふと思うに、でもこれをさばききったら追加の在庫が用意できないのではと。      皆様は自分のバイクの価格が上げってぬか喜びしているけど、             次に買う欲しいバイクも上がってるということよん。                自分も含めて、おっさん達はインジェクションやら何とかセンサーが付いているバイクで刺激がなくては物足りないんすよ。                        あ~あ最近中古は外車の方が安いから故障覚悟でドカとかにすっかな~。       今はレッカーサービス付きの保険あるしね

画像を整理していたらエリミネーターの1000を発見、                これは、なんとかゴールドとかいうUSAの限定車だったんだけど、           前上がりだったタンクがいやで水平にしたり、ローダウンしたりして,         今見るとなんかかっちょええすね。             

GL1000よ、お達者でね。

7/29 晴れ 25℃ 30日に緊急事態宣言解除                     今日はWebオクの日で、休日だけど順番まで自宅待機してました。           画面を見つつ長時間座っていたら、気が付けば数十分の空白時間ができてるし。    意識が飛んでたのかな?寝こいて大安売りしちまうところだったよ。         修理に2年位かかったからな。まあ今回は不人気車の割にはそこそこだったかな。        いま旧車ブーム再来中だからかもね。                       でもGLって名前はなんかいまいちだよね。                          良いバイクなんだけど名前がじじくさいからから人気でなかったのかね。             GTとかならまだしもGLとか古臭いよね。                             ZとかSSとかRなんとか系みたいなのにすればもっと人気でたのかも・・・なんて。      いい加速といい音するのにねー惜しいよね。                          でも、おっちゃん遺産には登録しておこうと思う。

CB750FBレストア

8/5 快晴 33.5℃ 猛暑らしい 

完成
ビフォー

ゴールドのラインの色味やHONDA文字の複製に苦労しましたよ~         文字はステッカーではなく塗りです。                       実は、右側はA、左側はHの文字が約2mm上に傾いていて、気づかずに真直ぐに文字入れをしてなんじゃこりゃ?になりました。気分激下がり~ シール買おっかなー 

こんなときの気分復活方法は、テレビのガスモンキーというアメリカのショップが車のカスタムやレストアを、失敗や徹夜でへろへろになりながら完成させる番組をバカだなー(笑)とみて おれもバカだなーなんて思ったりしてると、なんかまたやる気が湧いてきたりします。                            

CBは、昔20代で初めて買った新車だったのに長く乗ってあげられなくて、       とても思い入れがあるバイクなんすよ。                                  今はおっせーとか言われるけど、当時の最先端最速はこれ!               今で例えればCBR1000RRだったのよ。                                     

周りの友人知人もみんなこれ乗ってたね。                     新型エンジンはCBだけ!スズキもカワサキも使い回しのお古エンジンだったし。       ヤマハなんてシャフトのXJだよ。                          しっかし価格が上がってからあらためて見ると萌えるわ~(笑)                 今時、これに速さなんか求めて乗る人はいないっしょ。                 CBFは750と1100乗ってたけど750の方が良かったな。               その後、なぜか刀シリーズやCB750Fourシリーズ,Z系も所有してはみたものの、                     ん~やっぱりおっちゃんは 断然CB750FBの方が激萌えです。

激萌え

オリンピとかCB750FBのレストアとか

7/22 どっ晴れ 33℃くらい ワクチンまだ

最近、CB750FBを緊急レストア中。                          
5年程前に、書無し欠品多数な部品取車を、タンクがキレイというだけで             買っちまった物す。                              
当時は、さほどバカ高くもなく、まあ暇な時にでもと、あまりやる気もなかったのですが
なんでしょうかね~、気が付けば、巷では旧車バブルキターとお祭り騒ぎじゃないですか。

当初は、レストアしたら暫くは自分で乗ろっかなと思っていたので、
エンジンからフレーム、その他まで全バラにし、軋む老骨をヒイヒイ言わせながら
組み上げました。

ペイントもデカールセットを買えばすぐ終わったんだけど、
今回は自作シール&ペイントでやることに。
いや~これが難物なんてもんじゃなかったすね。まだ途中だけど・・・
あまりに手間がかかり過ぎるので、先にGL1000でもオークションに出そうかと思ったら
オリンピで首都高料金増し&通行規制じゃありませんか。
だーれもも来なさそうなので、出品はあきらめてまた地道に作業に戻りましょうかね。
なんか、暑さのせいかはかどらないぁ・・・・                                            

 そんな中、最近気になるバイクがあってですね、これなんですけど↓

あう~!アフリカツインCRF1100 めっちゃかっこいくないすか?                 短足系のおっちゃんだと足つきがなあーと思っていたら、              どうやら日本人用にかなりローシートになっているらしい。             ただ、お値段はハイプライスなんだな。どっちがいいかな?                なーんてね。